あんにょはせよsoraです😊

無事に韓国でワンルームを契約して新生活スタートしました!

参考にならないかもですが、契約までの道のりを記したいと思います^^

 


そもそもワンルームとは?

ワンルームとは日本の一人暮らしで借りるマンションと同じ感じです。

家賃形態は日本とちょっと違って「チョンセ」と「ウォルセ」があります。

 

チョンセ:最初にまとまった金額の保証金を払って、毎月の家賃を払わない方法

ウォルセ:最初に保証金をあづける、かつ毎月の家賃を払う方法

 

チョンセの保証金はものすごく高くてかなーり安くて千万ウォン(約100万円)~でした💦

ウォルセの場合は保証金が多いほど家賃が安くなるシステムで、500万ウォン(約50万円)~が多いです💡

 

ここにプラスで管理費があったりなかったりします💨

管理費に含まれているものも部屋によってさまざまで電気・水道・ガス・インターネット・清掃費などなどがあります!

 

スポンサードリンク


 

私はまとまったお金を用意できないのでウォルセで探すことにしました💡

保証金500万ウォン、家賃50万ウォン/月まででホンデ・新村・イデエリア、2階以上の部屋を探すことに💨

 

家探しは絶対一人じゃ無理なので韓国人の友達にお願いして手伝ってもらいました✨

 

ワンルームの探し方として

①직방や다방などの部屋探しサイトで気になる部屋を探して、直接連絡して見に行く方法

②不動産(공인중개사/公認仲介士)に条件を提示して部屋を紹介してもらう方法

 

があります💨

②は契約が決まったら紹介料約30万ウォンを払わないといけませんが、やり取りが楽なのと問題があったときに助けてもらうこともできるので不動産に頼むことにしました💡

 

 

私が部屋を探している地域の不動産をネットで検索してもらい電話をかけて条件を伝えます。

条件に合う部屋があれば今から行きますと伝え訪問し部屋を見に行く流れです!

 

最初にホンデの不動産に連絡したんですが、人気のある地域のため私の条件に合う部屋はないと😢

次はイデの不動産に連絡☎

すると条件に合う部屋が2つあるということでさっそく見に行くことに💨

 

1か所目

駅から10分ぐらいの飲食店街の3階のお部屋🏠

保証金500万ウォン、家賃(管理費込)52万ウォン/月

管理費→水道、インターネット

広さは20㎡ぐらいでベッド・机・クローゼット備え付け

 

良い点

  • 人通りが多く飲食店が近い
  • 3階で西向きなので日当たりがいい
  • 家具が備え付けなのですぐ住める

 

悪い点

  • 家賃がちょっと予算オーバー
  • 洗面台がないから歯磨きとがちょっと不便そう
  • ボイラーを同じ階の人と一緒に使うので、温度の調節が難しいし値段がどうなるかわからない

 

 

2か所目

駅から10分ぐらいで住宅街にある1.5階のお部屋🏠

保証金500万ウォン、家賃50万ウォン/月

管理費なしで使った分だけ自分で払うタイプ

キッチンと寝室が分かれている分離型で広さはかなり広め

 

良い点

  • むちゃくちゃ広い
  • ガスコンロが2口なので料理しやすい
  • シャワー室も広めなのでトイレが濡れない
  • 住宅街なので夜静か

 

悪い点

  • 家具がないので自分である程度そろえなければいけない
  • ちょっと坂の上にあるから疲れる
  • 1.5階なので虫が入ってこないか心配

 

1か所目では不動産のアジュンマが家主さんに交渉して家賃50万ウォンに下げれないかと聞いてくれたんですがダメでしたTT

そんなこんなで2か所見て、友達から今の条件でこれ以上の部屋はないよと言われてその2つから決めることに・・・

それがこの後大変なことになります💦

 

長くなったので続きはPart2で💡

 

 

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

スポンサードリンク