あんにょはせよ!

以前soraの韓国留学歴をご紹介に書きましたが私は大学時代交換留学で梨花女子大学に約1年間通っていました💡

今日はその時の話を書きたいと思います^^

 

 


留学までの準備

梨花女子大学に留学していたのがもう3年ほど前なので記憶が曖昧ですが思い出して書いてみます(笑)

 

まず、梨花女子大学を選んだ理由は、私の通っていた大学と提携している韓国の大学が2つしかなく、その2校の内ソウルにあるのが梨花女子大学だったのでという単純な理由ですw

交換留学なので必要な書類などは大学を通して提出しました。

確か海外留学保険(約10万円)、健康診断書が特別に必要だったと思います。

ビザは自分で大使館に行きD-4ビザを取得しました。

(ビザの種類の参考に⇒ビザの種類-KONEST

飛行機のチケットを予約したりいろいろ準備しましたが、大学から指示があったのと、同じ大学から留学する人がいたので比較的楽に準備することができました。

 

 

滞在先は?

交換留学生は寮に入れます!!

これは交換留学の大きな特典ですよね!!

梨花女子大学内にはいくつか寮があるんですが私は国際寮の2人部屋でした✨

反対側に同じようにベッドと机があり、部屋内にトイレ&シャワー室がついていました。

 

学期ごとに部屋が変わるんですが、私のルームメイトは中国人とアメリカ人でした💡

事前に申請すれば友達と同じ部屋になることも可能だそうです💡

あと値段は少し高くなりますが一人部屋もいくつかありました💨

※現在はどうかわかりません…TT

あ!この寮、交換留学生の男子も使用します!

棟ごとに分け方が違うみたいで、同じ階に男子部屋があったり、建物や階で男女分かれていたりします。

 

 

 

授業は?

交換留学生は最低取らなければいけない単位が決まっています。

また、語学堂とは別に交換留学生用の韓国語の授業が行われていて私はそれを受講していました!

交換留学生用の韓国語の授業は月~木の8~13時でした✍

管轄は語学堂と同じなので授業内容なども語学堂と変わらないと思います。

 

その他英語で行われている留学生向けの授業や、教授の許可が取れれば韓国人学生向けの授業を受講することが可能です!

留年せずに日本の大学を卒業するために日本の大学の授業単位と交換できる授業を探して受講している人も多かったです。

 

 

トウミ制度について

トウミとはチューターやバディなどとも言われ、韓国人学生が留学生の生活や言語交換などをサポートしてくれる制度のことです💡

 

まず交換留学生にはバディがついてくれます。

一人のバディが留学生5人ほどを受け持っていました。

私の場合は韓国に行く前からアドレスを交換してメールで少しやり取りしていました😊

韓国に渡ってからは交換留学生全体のウェルカムパーティーを開いてくれたり、土日にキムチ作り体験やエバーランド訪問などの行事の取り仕切りをしてくれました。

またバディごとに週末遊びに誘ってくれたりもします。

これは当たり外れがあって、活発なバディさんにあたればいろいろ積極的に企画してるれるんですが、ハズレだと全体行事以外何もしてくれませんㅠㅠ

 

他に語学堂側が主導で行っているトウミがいます。

このトウミは主に言語交換的な感じで、韓国語の勉強のサポートをしてくれます✨

トウミ制度は人気があって申し込んでも必ず相手を紹介してもらえるとはかぎりませんでしたTT

申請が受理されると相手のメールアドレスを教えてもらって、そこからは2人でやり取りをして好きなペースで好きな場所で会う感じです(笑)

私のトウミさんは日本語を勉強しているかわいらしい子でした💗

ただタイミングが合わなくて3回ぐらいしか会わなかったです…

 


交換留学してみて思ったこと

①留学に行く前に自分で韓国語の勉強をしていけばよかったと思った

私はハングルが読めて挨拶はわかるが会話はできない程度の実力で韓国に渡りました。

なので当然1級から学ぶことになったんですが、事前に勉強していけば2~3級ぐらいから授業を取れたので6級まで語学堂に通うのに学費の節約になったなと思いました。

もちろん基礎をしっかり学べた点ではよかったと思っていますが。

 

また、交換留学生だったので韓国語が最初からある程度できていれば韓国人学生向けの授業を受講できたのにと後悔しています。

前期の間の時間がもったいなかったなと…

 

さらにバディや他の留学生と会話するときに韓国語ができていればもっと仲良くなれただろうなという点で後悔しています。

 

 

②英語必須!!

まず、交換留学生向けの授業は英語で行われます。

もちろん発表やテスト、レポートも英語です!!

英語が苦手だった私は相当苦労しましたTT

 

また交換留学生同士で話すときはやはり共通語の英語を使うので私は何の話をしているのかさっぱりでしたTT

結果日本人同士でつるむことが多くなってしまったので、せっかくの機会を無駄にしてしまったなと思います。

 

 

③同年代が多い

これは当たり前ですが交換留学に来るのは大体大学2~3年生が多いので同世代の友人が増えます!

 

 

④人生のブランクを作らずに留学できる

これは日本では大きなメリットだと思うんですが、うまくやれば卒業を遅らすことなく留学経験を積むことができます!

卒業してから自分で語学留学やワーホリに行くとどうしても仕事をしていない空白の期間ができてしまいます。

やはり日本では新卒を重視する企業がまだまだ多いと思うんですよね。

なので交換留学で海外に行くのはそういったリスクを減らす良い方法の一つだと思います。

 

 

⑤うまくいけば学費の節約ができる!

これは大学にもよると思うんですが、交換留学だと学費は日本の大学に払うので安い学費で梨花女子大学の様な私立のお嬢様学校に通うことができちゃいます!!

また大学生向けの奨学金もあるのでそういったものを活用できるのもメリットだなと思います✨

 


 

 

だいぶ昔のことでいろいろ忘れてしまっていますが思い出い出せる範囲で書いてみました💦

次はカナタ語学院に通っていた当時の話を書きたいと思います💡(なるべく早めに…)

 

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

 

スポンサードリンク